動作環境

提供: @trade wiki
移動先: 案内検索

動作環境[編集]

@tradeでは、以下のブラウザで全て同一に見えることを確認しています。
ここに記載されているもの未満では、デザイン崩れや機能不全が起こる場合があります。
HTML5、CSS3、Javascript等、比較的最近の機能を多用しているため、最悪全てが崩れて何も見えない状況が発生する場合があります。
ここに記載されていないもので、このブラウザ、バージョンは対応されていて当然だという意見があれば、連絡してください。

  • Internet Explorer 10以上
  • Firefox最新版
  • Chrome最新版
  • Safari 6以上(Max OS X Lion以上)
  • iOS版Safari 6以上(iPhone 4S以上)

制作環境[編集]

PC環境については、制作環境を基準に作ってあるので、以下の環境に近いほど快適になります。
モバイル環境については、iPad Pro 12.9で最も快適に見えるよう作られています。
(iPad Pro 12.9で見ると、ちょうどリストの端などの余白が少ない状態になります。)

  • OS: Windows 10 Pro
  • CPU: Core i7 5820K (6コア12スレッド) @ 4.2GHz
  • メモリ: DDR4-2133 4GBx4
  • ディスプレイ: DELL P2715Q (3840x2160)
  • ブラウザ: Chrome最新版

このサイトは、多くのサイトとは違い、流動的なデザイン(画面全体を使うので、画面の幅が広いと情報の量が多くなる)を採用しているため、
4Kディスプレイで最も快適に利用できます。

サーバー環境[編集]

XserverのX10プランで契約しているサーバー上で動作しています。 X10プランの転送量目安は50GB/日ですが、2016年6月の@tradeの転送量はだいたい100GB/日で、かなり危ない状態です。 転送量の80%は画像が占めているため、今後はサーバー契約を2契約にして、画像を分散させるといった措置が必要になるかもしれません。 ただしこの場合、金銭的コストが問題になります。