基本的な使い方

提供: @trade wiki
移動先: 案内検索

ここでは基本的な使い方を説明します。 とあるサイトを使ったことがある人は配置や概念が似通っているのでほとんど直感的かと思いますが、 念のため、確認をしておくことをおすすめします。

3種類の分類の意味[編集]

求めと出品は分かるにしても、出品と所持の違いは不明瞭かもしれません。
これらは、以下のように明確に区別があるので注意してください。
以下の規則に従わない分類をしたばかりにトラブルが発生しても責任を負うことはできません。

求め 欲しいアイテムの場合ここを選んでください。あなたがこのアイテムを求めているという情報はみんなに公開されます。
出品 あなたがこのアイテムを所持していて、かつ交換を望んでいる場合ここを選んでください。あなたがこのアイテムを出品しているという情報はみんなに公開されます。
所持 あなたはこのアイテムを所持しているが、このアイテムを交換に出すことを望んでいない場合はここを選んでください。 この項目は、交渉時「出品したくないので出品には入れていないが、そのアイテムはすでに持っている」という状況を避けるために存在しています。 あなたがこのアイテムを所持しているという情報は、直接あなたのページに訪問しない限り分かりません。

アイテムには、あなたが求めているかどうかの表示に加え、求めている人の数と出品している人の数も表示されます。
求めている人が多いのに出品している人が極端に少なければ価値が高い可能性が高く、その逆は価値が低い可能性が高いということがいえます。
多い少ないの基準は、アイテム検索で並び順を求め数/出品数順にして1位がどれくらいか見れば大体分かります。
ただし注意しなければならないのは、このレートが価値に直結するとは必ずしも言えないということです。
このサイトが設立された2015年6月以前のアイテムは、当然ながら求め/出の数は大幅に減る傾向にあります。
なので、特に昔のアイテムについては、求めている人が少ないから価値が低い、出している人の方が多いから価値が低いといったことはあまり当てはまらない可能性があります。
ただ、かなり前のアイテムなのに最新のアイテムと遜色のないくらい求めが多いアイテムは逆に相当人気なアイテムだとも解釈できます。
もちろん求め/出品数は参考にしてもらうために表示していますが、この数を絶対視するのはおすすめできません。

ランクを変更する[編集]

求め/出品/所持いずれかのリストに加わっているアイテムは、ランクを設定できます。
これらのボタンのすぐ右下にある「―」(赤色)を押せば設定できます。
ここでは別のサイトを利用していた人に配慮し、極力用語は同じものにしているため、便宜上「ランク」と呼んでいますが、
実際にはあなたが自由に振り分けて良いフォルダが12個与えられたと考えて下さい。
文字通り「A」が重要なアイテムで、「L」に行くほど不要という分類でもよいですし、どう分類するかは自由です。
ただし、同ランク1:1でない場合は、ランクの説明を書いておくのが親切と言えます。
ランクを振ることで、他の人がそのランクだけを絞り込むなどできるので便利です。