求め数と出品数

提供: @trade wiki
移動先: 案内検索

求め数と出品数について[編集]

交換初心者、またはこのサイトの出来た背景を知らない人は最も注意すべきなのが求め数と出品数です。
中にはこの数字を絶対視し、求め/出数の数や比率を合わせることが重視されている場合もあるようですが、
これは最近のガチャに限定すれば比較的間違った方法とは言えないものの、基本的には推奨されません。
なぜなら@gamesがスタートしたのは2006年ですが、@tradeがスタートしたのは2015年6月だからです。
つまり、@gamesのいろいろなアイテムが9年分出た後でスタートしたわけですから、当然のことながら
昔のアイテムになればなるほどあえて探そうとする人は減り、求め数も出品数も少なくなりがちだからです。
中には、2012年などのアイテムで、求めが100人くらいしかなくても、最近の300人近く求めている人がいるクラスのアイテムでは
とうてい及ばないような希少価値を持っているアイテムもいくつかあります。こういう場合は逆にこのような数値を全面的に
押し出すことで恥をかいてしまう可能性もあるので、数値や比率にこだわりすぎるのはおすすめできません。
また、このサイトは2015年12月くらいからポケットランドユーザーを中心に登録数が加速しているため、
最近になればなるほど求め/出の数の最高記録が更新されやすい傾向にあることも心にとどめておく必要があります。
つまり、例えば2015年7月のアイテムは@tradeが出来た後なのだから単純に求め/出で比較してもよいとはならないということです。
これらの数は価値の目安としてはもちろん参考になりますが、絶対的な価値は必ずしも反映していないので、気をつけて使うようにしてください。
求め/出品数の次に判断すべき、より詳しい価値の基準は「アイテムの入手種別」のページで確認しましょう。

部位について[編集]

求め/出数だけでなく、どの部位のアイテムかも気をつけましょう。
整形/背景/ポーズは、価値が高くなることが多く、できるだけ同種交換を心がけましょう。
またポケットランドユーザーは分からないと思いますが、アイテムの背景が黄色くなっているアイテムは一応レア枠です。
これらは可動アイテムと呼ばれ、@games上でセルフィを見るとアイテムが動きます。
ただし、整形・背景ガチャが連発される近年は、整形背景の代わりに出るはずれアイテムという位置づけであることが多いため、可動アイテム=高価値とは限りません。
さらに、整形背景ポーズであっても、課金すれば必ず手に入ったり、覚醒入りしてしまったので@gamesのGコイントレードで2-3000G出せば必ず買収できたり、
ログインすれば必ずもらえたりするものもあるので、できるだけどうやって入手できるものなのか調べましょう。
特に覚醒入りして価値が下がった整形で最近の人気整形を求めたりする行為は多くの場合嫌われます。
その他の部位については、基本インナーとアクセサリは分けて考えるのが無難です。なぜならインナーの方が確率が低いからです