MonterX-i での Playstation 3 キャプチャ画像

blog.li.nu >
この記事が役に立ったら
投げ銭も受付中です(更新は滞っていますが2017年現在も元気です)。
Monacoin: M9VkYEVo59mQUsWt9tRDfNi6b9SBNqMSyz
BitZeny: ZgD57J2vDBTBcSXgg814Fr8MrgNqpyC3n6
 まだ接続して間もないので数は増やしていく予定。PS3 を MonsterX-i で撮影するとこうなる。
PS3 キャプチャ画像 (1920x1080 出力)
20090521-215451.jpg
 ただし PS3 でこの 1920x1080 出力に対応しているゲームは指折り程度しかないので、PS3 のシステム周りをキャプチャしかしない物好きはいないだろうから、現実的な設定としては 720p 固定が望ましい。MonterX-i は入力解像度を適切に設定しなければうまく写らないため、機器ごとに設定を変更する必要がある。PS3 は 9 割以上の場合ゲームでは 720p であるから、720p の解像度・フレームレート固定で以下キャプチャするものとする。環境は、以下に示すとおり。負荷については、720p (1280x720, 60fps) で、Core 2 Duo であっても相当な負荷になっていることがわかる (Xeon E3110 とは Core 2 Duo E8400, 3.00GHz の名前を Intel が Xeon と名前を変えて販売しているだけのもの)。
撮影環境 (驚くほど解像度が高いので注意)
01.jpg
 1920x1200 と 1920x1080 のディスプレイの横並べ (右側は SHARP の LC-37DS3 という液晶テレビ) のためスクリーンショットも驚くほど横長の解像度になってしまったが、720p というか、60fps は非常に負荷が高い。30fps ならば 1080i だろうが 720p だろうが負荷は低かった。世の中では CPU も進化しすぎて Core 2 Quad ましてや Core i7 など不要みたいなことが言われているが、この手の世界に入るとその辺が不要どころか魅力的に見えてくるので困る。温度も 20 度前半程度の環境だが、これだけ負荷があると 50 度は行くらしい。HDD の温度が非常に低いのは、ケースの冷却構造が HDD に非常に優しいように出来ているから。吸気口に 12cm ファンが縦に二つ並んでおり、そのすぐ後ろに HDD 設置箇所があり、そのまたすぐ後ろにも 12cm ファンが縦に二つならんでいる構造で、ホコリも寄せ付けないし換気はこれ以上ないほどにいい環境なので、HDD の温度だけは低く保たれており、真夏でも安心である。ちなみに HDD は 4 台接続されているが、Windows Vista では一定時間使われていない HDD は勝手に電源が切れるようになっているので、残り 3 台は表示されていない。
画像
20090523-000438.jpg 20090523-000624.jpg

その他の記事

コメント

名前 :
電子メール :
URL :
コメント